ハンドメイドについて

私はハンドメイドのものが好きです。実際にハンドメイドのお店に行くのも好きですが、ネットのハンドメイドサイトで作品を購入することが多いです。ハンドメイドのサイトは、時間があればいつも閲覧しています。大手のハンドメイドサイトを2、3店閲覧することが多いです。個性溢れる作品や可愛い作品、一度見ただけで忘れられないインパクトのある作品などさまざまな作品があって見ているだけでも充分に楽しい時間が過ごせます。私がよく購入する作品は、アート作品とフラワーアレンジメントが多いです。アート作品は、写真やチョークアート、色鉛筆画、水彩画などを購入することが多いです。

フラワーアレンジメントは、主に造花で作られている見ると気持ちが明るくなるような鮮やかなデザインのものが好きです。一人一人の作家さんが心を込めて作品を作っていると思います。作品作りに対する思いやプロフィールを読んでいると多くの素敵な作家さんで溢れていることがわかります。またハンドメイド作品は手作りなので手作りの温かさが感じられるところも好きです。私も最近は趣味でハワイアンキルトを制作しています。まだ趣味の範囲ですが、まずは丁寧に作品を制作することから始めていきたいと思います。

靴のブランドと印象?

楽重視のファッションの私は長年スニーカーを履いてきましたが、はっきり言ってスニーカーのブランドにこだわったことはありませんでした。
つい先月まで履いていたものはノーブランドのもので、二千円程度でした。機能重視で選んでいます。
今はリーボックの柔らかいものを履いています。そういえばリーボックの靴を最近あまり見かけなくなったのですが気のせいでしょうか?
靴屋さんに行くたび真っ先に目に入るのはナイキやアディダスなどです。
リーボックは小さい頃から親が買ってくることが多かったので履くことが多かったですが、今見てみるとナイキやアディダスよりも値段が若干お得なものが多い気がします。

それで思ったのですが、スニーカーでも、履いているブランドでその人の印象や性格が少し分かる、なんてことがあったりするのでしょうか?
小学校の同級生は小学校のとき、とにかくTシャツも靴も靴下も全部ナイキで揃えていたのを覚えています。
私はスニーカーはリーボックが多く、靴下やTシャツは適当でした。
その友達のお母さんは大のブランド好きで、ビトンやグッチのバッグを大量にコレクションしている人でクラスのお母さんたちの中で有名でした。
ブランド好きはナイキを選ぶ傾向があるのかな?なんて少し思ったりもしました。
リーボックは比較的お得なものが多いので実質派なのかな?なんてことも思ったりしました。
靴のブランドの選択と性格との関係を研究した論文が出ていないか探してみます(笑)。

現在、ちょい田舎で暮らしています

“結婚して約二年。
現在、私は岡山県のちょい田舎で暮らしています。

『ちょい田舎』とは何か?
これは、私が勝手に命名しただけなのですが、田舎は田舎でも「歩いていける場所にお店がある所」という意味です。
田舎といえば、お買い物をするには必ず車が必要だと思います。
でも、私が住んでいる場所は歩いて十五分ぐらいのところにスーパーがあるので、一応車なしでお買い物が可能です。
とはいえ、大型施設等は遠い場所にあるので、やはり車は欠かせません。
田舎ほどお店が遠くない。でも都会ほど便利ではない。
そういう場所を『ちょい田舎』と勝手に呼んでいるだけでございます。

そんな『ちょい田舎』の生活は、実に快適!
結婚前は関東の都会に住んでいたのですが、正直息苦しさを感じていました。
確かに都会は便利。けれど、元々人混みが苦手だった私は外に出ること自体が億劫になり、休みの日はほとんど家で過ごしていました。
ところが結婚して今の『ちょい田舎』で引っ越してからは逆に外に出るのが大好きになっています。
田舎らしく人に会うのは稀ですし、かといって『ちょい田舎』なので車は常に通っていて人の気配は感じられるので安心です。
何よりここには高い建物がないので、空がすごく広く見えます。
子供の頃からビルの隙間から見える小さい空ばかり見てきた私にとってはすごく新鮮で、心が洗われるような気分になりました。

もちろん都会にも良いところはたくさんあります。
でも私にはきっと田舎の方が合っていた、ということなのでしょう。
この場所で旦那さんと穏やかに暮らしていきたいと、心から願っています。”

ジメジメな季節になりましたが我が家で大活躍

梅雨に入る時期、ジメジメして蒸し暑くなり洗濯物も乾かない。でも我が家の除湿機、昨年壊れてしまい梅雨時期は大変でした。でも今年は、新品の除湿機を購入しました。実際使ってみないとわからないので使用したら、なんと音も静かだし、空気もきれいにしてくれる、除湿も凄い、今回の除湿機は大成功です。前に使っていた除湿機は、音が少しうるさくて買え替えたいと思っていました。まだ使えるのにどうしようと思っていた矢先に昨年動かなくなり、メーカーさんに聞いたら修理費用がかかるとのことでしたので、今年は早目にネットで調べたり、電器屋さんに見に行ったりして気に入った除湿機を購入できました。

ナノイーもついているので部屋干しでも気にならず、寝る時もタイマーにして寝れるので大活躍しています。除湿もしっかりで朝みるとかなりの量の水が溜まっていますので、起きた時は部屋もカラッとしていて、新しい物はやっぱりいいんだなと感動してしまいました。

機能性も高いのでお値段もそこそこのお値段でしたが、数年使えるならと思えば安いもんだと思えました。電化製品も新しい商品が毎年でますが、欲しいなと思いますがすぐに買え替えるよりは、数年もしくは壊れるまで使用してからその後に、更に機能性の良い電化製品を買うと、小さい事なんですが、その分、自分の気持ちをも大きく変わるし、また来年活躍してくれるんだと思うと有難味がよくわかります。

ついにPS4にモンハンがくるぞー!!

PS4ユーザーのみんな!!

やったな!!

ついにモンハン新作がPS4にくるぞ!!

個人的にPS4にはぱっとしたキラータイトルがなかっただけにこれはすごいうれしい発表だ。

まだまだ開示されている情報は少ないけど公式サイトのムービーには心踊らされますな。

パーティーゲームとして最近は携帯ゲーム機で新作を発表していたところでついに据え置き機。

原点に返りつつ今の技術でモンハンを作ったらというコンセプトがあるみたいで公式サイトで公開しているムービーを見る限り初期のモンハンに近い感じ。

見た感じの新要素としては

①シリーズ初のオープンワールドで狩り場となるフィールドはシームレスで繋がっている

→ゴッドイーターはシームレスだったしそこまで驚きはないかな。モンハンではマップギミックがいろいろありそうなのでそこに期待。

②ワイヤーアクションができるのか!?

→サポートツールとしてスリンガーなるものが出るみたい。状況によっていろいろな使い方ができるらしい。

③モンスターがフィールドでバトっとる!?

→生態系を意識しモンスター同士にも関係性がうまれ衝突することもあり、それもうまく利用できるらしい。

現段階で分かることはこれくらいでしょうか。

続報が楽しみで仕方ありません。

直近の20日に実機プレイがあるみたいなのでそこでの続報を待ちましょう!!

意外なものから、面白いものができました

ちょっと意外で、面白いものができたので、書いてみたいと思います。

昨年の夏、あまりの暑さに、私の仕事部屋もクーラーを取り付けることになりました。

ウィンドエアコンと呼ばれるタイプで、窓に取り付けるタイプのものです。

取り付けの際には、今まで窓際についていた、手すりを外すことになりました。

ちょうど5cmくらいの筒形である手すりを頂いたのですが、そこにお花を挿してみました。

正式に言うと、造花をクリップにくっつけたもので、それをただ手すりだったものにつけるのです。

それを仕事用の机に置くだけで、可愛らしい癒しグッズが誕生しました。

私は何か作ろうと思うと、まず買うことを思いますが、こういった意外なところから思わぬ使い道があるんだなと思いました。

実家の引っ越しのお手伝いをする

私は一人暮らしをしているのですが、実家が引っ越しをすることになりました。実家はとても広く荷物も多いので、荷造りやゴミ捨ての手伝いにいったものの、あまりのゴミの多さにびっくりしました。子どものころのおもちゃや祖父母の形見だったり、家族が集めてる本が膨大だったのです。

私も含め家族も物が捨てられない性格で、長い年月をかけて荷物も増えたのでしょう。引っ越しまで時間はあれど、出来るだけコンパクトに生活出来るように、心を鬼にしてゴミ袋にぽいぽい捨てました。途中家族と捨てるか捨てないかで揉めるも、新天地での明るい未来のために捨てたゴミは30袋です。今度からは荷物をためないよう気をつけて過ごしてもらいたいと思いました。

家族が増えました!毎日ハッピー

最近、我が家に家族がまた増えました!

今までは主人と私、息子3人の5人家族でしたが、4人目を出産し、なんと、4人息子をもつ母親になりました。

息子は7歳、3歳、2歳、0歳と成長盛りのわんぱくな子供たちです。

7歳になる息子は3人目の弟となると、赤ちゃんの扱いにも相当慣れたようで、今まで大泣きしていた赤ちゃんが急に静かになったと思い、目を向けると、長男が赤ちゃんをひょいと抱っこしてあやしてくれてました。

意外と主人よりも頼りになる長男!!

主人はちょっと抱っこして赤ちゃんが泣き止まないと、おっぱい足りてないんじゃないか、

俺には無理だ、

などとブツブツ言ってますが、

長男は赤ちゃんが泣き止むまで赤ちゃんに話しかけたり、優しくトントンしてくれたり、

本当に主人以上に安心して預けれる小さなパパです。

それを見ている次男と三男も長男の真似をして一緒に赤ちゃんを可愛がってくれます。

妊娠中は上の子供たちが赤ちゃんを可愛がってくれないのではないか、赤ちゃん返りがひどくなるのではないか、などと不安もたくさんありましたが、そんな不安はどこにいってしまったのか、最近はみんなで赤ちゃんを溺愛してます!

まだ4男を出産してやっと1カ月経ったばかりですが、

最近、長男から、

次は妹が欲しいな?って呟かれました。

ちょっとツッコミたくなりましたが、長男の子供好きさにほのぼのしてしまいました。

4人目の出産ともなると、産後も休む時間なんてほとんどなく、退院後からいつもの生活に戻ってました。

1人目、2人目の出産後は産後うつにもなりかけましたが、4人目になると、上の子供たちが家事を手伝ってくれたり、たくさん笑わせてくれるので精神的に不安定になることもなく、リラックスして子育てできてます。

赤ちゃんを抱っこして、ソファーに座っていると、上の子が肩を揉んでくれたり、ほっぺにチュッてしてくれたり、この子たちのママになれて良かったなって心の底から思えることがたくさんあります。

4人の子持ちともなると、周囲にいろんな意見を持つ方もいらっしゃいますが、子供は本当に何にも変えられない宝物だなって思えます。

出産は何回しても死にかける程痛くて耐えられない事ですが、それを経験したからこそ、子供たちが愛おしくてたまらなくなりますね。