文春のスクープはきな臭い

1月に入ったばかりで文春から二つのスクープがあった。ベッキー君の醜聞と甘利大臣の賄賂疑問、こういう2つがマルチタスクやるのははなはだ異常です。前者の出元は明らかにラインの盗聴でこれは不当行程厳禁法に接する悪行です。問題は、悪行と分かりながらプライベートなツイートを全国的に進出させることが、一報の任意とは言え許されるか何とかです。
甘利大臣のスクープは、なおさら手が込んでいて最初から文春に文字を組み込むために採録と撮影を行ったとしか思えない手口です。つつもたせに嵌められた場合は、嵌められた責務を取らざるを得ないが、嵌めた人物の責務はさっぱりそっちのけか。こういう二つのスクープには一報の良心も道徳心もなんにも感じない。
受け取るのは悪意と暴力です。どんどん悪質なのは、ベッキー君の醜聞をかくれみのに使っている節があることです。芸能洒落の常で文字の出元は弱く扱われ、いったい、内部に世のバッシングが集中している。これは、本命スクープもそんなふうになるように人気操作しているようにも窺える。再びいうが、こういうスクープの根は深く大いに粗悪です。ますます混乱が増すような惑いがしてならない。しかし、恐らくいずれ大きなボロがでて破綻するに溝ない。おてんとさまは、与太郎にそんなには塩辛いのだ。