成長しているようなしていないような

絵を描く事が趣味で、小さな頃から描いてばかりいます。

だけれどマンガ家になりたい、イラストレーターになりたい、みたいな夢はなく、ただ描きたいように描いてきました。

だけれど最近絵のうまい知人が増え、焦っているわけではないけれども、なんでここにいるんだろ?という感覚に襲われてしまうことが多々あります。

自分の絵柄はうまく定まらず、上手いとは思えないのです。

成長は、描くたびにしているなあとは思ってはいます。

親に見せれば、もっと絵心のない人なので「影がついてる。すごい」で終わってしまうんです…。

こう悩むくらいならイラストについての本を買ったり、メイキングを見たりして絵に対して努力をしたらいいじゃない?となるんですが、そこまでの気力もなく。

努力せずに絵がうまくなるなら、周りの人たちはもうプロにお呼ばれしているなあと、しょげちゃいます。

こだわりがないわけでもないんですよ。

でもこの前、知人に絵の添削をしてもらっていたら「つむじってここから出てくるのが自然じゃない?」「髪は束を意識して」など当たり前のことなんだろうけれど、「あ、そうか!」と気づかされるアドバイスばかりで、感動しました。

その時の絵は、久しぶりに気合を入れて頑張りました。

知人の絵師さんは「うまくかけない」なんて言うけれど、私なんてもっと描けないのに。

次元が違うなあと感じました。

そして私ももっと頑張りたいなあと思いました。

絵に対して真面目に向き合おうと思えました。

遅いことないといいんですけどね。

頑張ります。