熱中症対策のポイントは、水分補給プラスα

脱水症状の時は、水分と一緒にナトリウムや電解成分を一緒に取りましょう。

私たちの身体には、水分でできていますが、その水分は、0.9%の塩分を溶かした水と同じ程度の浸透圧の水でできています。汗をかいた肌を舐めると、塩っぽいですね。それは、汗にはナトリウム分、つまり塩分が含まれています。そこで、大量に汗をかくと、体内の塩分が急激に失われていきます。そこで、大量の真水をがぶ飲みすると、体内の血液や胃液が数分で薄められます。そうすると、体は、体内の塩分濃度をこれ以上下げないために、尿によって水分を排出しようとします。つまり、暑い時、汗をかいて、それで、水をかぶのみしただけでは、その水分は尿として排出されるだけで、体内の脱水症状の改善にはならないというわけです。

こうして、汗をかいて水分だけ取ると、体は電解質濃度を下げないように、水分を尿として排出してしまう、そのために、脱水症状におちいってしまう。これを自発的

脱水症状と言います。この段階になると、体の脱水症状は水分を取るだけでは回復させる事ができなくなります。そして、ホメオスターシスの低下から体内の熱量の排出が困難になり、熱中症になってしまいます。

熱中症予防の水分補給として、日本体育協会では、0.1~0.2%の食塩と糖質を含んだ飲料を推奨しています。特に1時間以上運動をする時は4~8%の糖質を含んだものを摂取しましょう。一番いいのはコンビニなんかで売ってある冷えたスポーツドリンクでしょう。また、1リットルの水にスプーン1杯の食塩や砂糖を溶かして、自分で作る事もできます。

スポーツをしない人でも、この暑い夏は、歩いているだけで汗をかいて水分が体から失われていきます。そういう人は、やはり、スポーツドリンクを飲んで、体の電解質のバランスを整えて、熱中症にならないように留意しましょう