キャンプ場で誕生日party!

この5月、ついに30歳の誕生日を迎えました。「30歳からが勝負だよ」と周りに言われ続けていたこともあってか、誕生日を迎える24時当日は何故か柄にもなくドキドキ。しかも、今年は一風変わった特別なバースデーだったんです。というのも、誕生日の1ヶ月前、「30歳を星の下で迎えて見ませんか?」という突然のラインが。

無論、彼が大のキャンプ好きであることは私が1番知っています。なるほど、キャンプに行きたいのね、という一言を隠し、お互いの友人も誘って4人でお出かけすることに。行き先は、陸から5分ほど連絡船をはしらせた小さな離島。車の乗り入れが禁止されているこの島にはもちろん信号もなく、なんだか昔の日本にタイムスリップしたような何とも和やかな気持ちになるスポット。

私たちのお気に入りの場所でもありました。昼過ぎに到着し、BBQを楽しんだり男性陣は釣りを楽しんだりとしこたまのんびり過ごし、遂に迎えた24時。友人が気を使って準備してきてくれていたシャンパンを開けて、焚き火を囲んでお祝いしてくれました。

華やかなレストランでオシャレするより、大勢に囲まれて騒ぐより、波の音が聞こえる海辺で気の置けない人達とゆっくり過ごす誕生日。想像以上に幸せな気持ちになれて、彼や友人に感謝。幸先の良い30代を迎えることができました。