子供の記憶力の良さが羨ましい!

2歳を過ぎた息子は、大のアンパンマン好き。

先日も、横浜アンパンマンミュージアムに連れて行くと、入り口から大興奮!

いつもしている昼寝も忘れて、一日中楽しんでいました。

そんな息子を見て、嬉しくなった旦那と私は、何か記念に買ってあげようと考え、カードをめくって出たキャラクターを、大きな絵の中から探すという、キャラクター探しゲームを購入。

しかーし、家に帰ってからが、大変!

数十枚あるキャラクターのカードは、メジャーなキャラクターだけではなく、初めて目にするものも…

覚えるのに苦戦している私や、主人とは反対に、息子の覚えるスピードが早くて、早くて…

◯◯は?と息子に聞かれても、私は、その◯◯マンがわからずに、探す事がなかなか出来ません。

そうすると、イヤイヤ期まっただ中の息子は、伝わらない事で、焦れてしまい、大泣き…

私たちが買ってあげたゲームで、こんな惨事が起こるなんて、想像もしていませんでした。

最近は、息子な昼寝中に、キャラクターカードを見て、覚える努力をしています。

子供の記憶力の良さには本当に驚かされました。

記憶力がどんどん下降していく私に対して、どんどん覚えていく息子を羨ましいと思いながら見守っている、今日この頃です。

いつか、記憶力系のゲームは負けてしまうんだろうなぁ。

そんな日が来ることが嬉しくも、悲しいです。