まだまだ活躍できるような予感が

メジャー通算3000安打まであと3本と迫っているイチロー選手。なかなか先発出場できず、代打で登場が多いが、少ないチャンスでヒット放ちここまで迫ってきた。

今年は3割以上の打率を残して好調そうですね。全盛期と比べると衰えているとはいえ、打つ、守る、走るはまだまだ素晴らしい域にあると思う。

私がイチロー選手が凄いと思うのは、プロ野球選手になって現在42才というから、もう20年以上も一線でプレーしているのだが、

今まで大した故障もせず長期離脱で休んだということを聞いたことがないことです。彼の体調管理の凄さを感じます。

昔のプロ野球選手のイメージは二日酔いで打席に立ってホームランを打ったとか、試合の後はパーッと飲みに行くといったエピソードはよく聞いていたが、

イチロー選手にはそのようなイメージがない。徹底した体調管理の賜物故に、もう引退の文字が出てきそうなくらいの年齢まで依然、一線で活躍できることを称賛します。

昔にはめずらしく金田正一さんも徹底した体調管理していことを思い出しました。それ故、400勝という勝ち星を積み上げることができたのでしょうね。