スーパーの半セルフレジになにか効果はあるのか

だいぶ浸透してきたセルフレジ。

でも、うちの近所はまだ完全なセルフレジのスーパーがないです。

よくあるのは、会計だけ機械の半セルフレジ。

レジに行くと、店員さんが普通にバーコード読んでくれて。

そのあとお金の支払いは隣に設置されている機械で支払うというものです。

店員さんの負担を減らすためなのか?

でも、結局1台に1人店員さんはつくため、人件費削減とか人手不足解消にはならないと思うのですよ。

それで、もし店員さんの負担が軽くなるからといって時給が他のスーパーより低かったらめもあてられませんよね。

なんでこんな中途半端なセルフなんだろう、といつも疑問に思ってます。

かといって、バーコードも全部客が自分で読み込まないといけないフルセルフレジは、年寄りの多いうちの地域では絶対浸透しないと思うのです。

GUみたいに、カゴをボックスに入れただけで全商品の金額を読み込んで会計してくれるシステムじゃないと難しいですよね。

小売業界ではどんどんセルフレジや無人販売店の開発を進めているようですけど、果たして客の利便性をちゃんと考慮しているのか、疑問を感じます。

人手不足対策っていうけど、レジ打ちは大半が主婦パートで、そんなに人手が足りないとも思えませんけど。