何があったの?前代未聞の成人式「はれのひ事件」とは

2018年1月8日の成人の日。今年も多くの若者が大人の仲間入りを果たしましたね。123万人が成人を迎え、全国各地で成人式が行われたと思います。ですが、そんな中で驚愕の出来事が起こりました。振袖レンタルを手がける会社「はれのひ」が成人式当日になっても着付けの会場には来ておらずもぬけの殻状態で、予約をしていた新成人たちは立ち尽くしていたそうです。

横浜、八王子などの店舗で合計300人が被害を受けました。その多くの人がすでにお金を払っており、返ってこない上にせっかくの振袖がショッピングアプリのメルカリと楽天フリルで出品されていたのです。この出来事を受けて横浜市・八王子市では再び成人式を開くプロジェクトを立ち上げ、今後実行へ向けて動いていくそうです。また、被害者に無料レンタルする業者がいるなど、なんとか救いの手があって本当によかったと思います。新年早々本当に信じられない事件だと思いました。

まだ噂ですが、この会社の社長は現在中国へ逃げており現地でビジネスを行うのではないかと言われています。一生に一度しかない記念の日にこんなことをするとは許せません。我々消費者は常にその業者が信用できるかをしっかり見極めなければならないのかもしれません。