相撲暴行事件で被害者の貴ノ岩関の今後が心配です

相撲の横綱日馬富士関が貴ノ岩関に暴行をした報道ですが、連日マスコミが報道していますね。貴乃花親方が相撲協会からの事情聴取の要請に「お断りします」と返答したことについて貴乃花親方が批判されています。また、昨日の一部の報道でモンゴルでは、「貴ノ岩関が悪者だというように報道するようにと圧力がかけられている」との信じられないような話がありました。日馬富士関はモンゴルでは救急車を寄贈してくれたりとモンゴルのためにいろいろ貢献されているからということです。貴ノ岩関は何もモンゴルのためにしてくれていないからということなのだそうです。

真偽のほどは確かではありませんが、そんな風に言われていて、いずれ引退してモンゴルに帰るこになったとしたら、モンゴルでこの人は大丈夫なのだろうかと思ってしまいます。貢献度が違うのは当たり前ですよね。相手は横綱なのですから。やはり、どんな世界でもありますが、強い者は守られるのでしょうか。貴ノ岩関の今後が心配です。貴乃花親方は不器用で問題もあるかもしれませんが、そこに批判を向けるのはいかがかなと思います。学校社会でもいじめられた人間は悪くないのに、学校で居心地の悪い思いをするのは弱者のいじめられた側の生徒だったりすることもあります。いじめた人間は仲間も多く、いじめた側の生徒に注意はすれど、それでおしまい。

いじめられた側はいじめられたということがみんなに知られて苦しい思いをし孤立してしまう方もいたりします。いじめられた生徒の親が学校側に戦おうとすると、あの親御さんがおかしいなんて言っている声も聞こえます。今回の件で貴ノ岩関がまた活躍できるようになればいいなと思っています。