昨日は十三夜であった

昨日は十三夜でした。午後から雲が多くなりこのままだと月が見えないのかと思って西の空を見ると雲が切れていて月明りが差し込んでいました。日が暮れても雲はまだ浮いていましたが、時間が経つにつれ雲はなくなり月が見えてきました。昔から十五夜は曇りの日が多いが十三夜は曇り無しと、言われています。昨夜も晴れでした。

今年は十五夜が遅かった分十三夜も遅くなりました。十三夜は早い時期でも10月初旬になることが多く、十五夜に比べて気温が低くなっています。

十三夜のように欠けた月を鑑賞する風習は日本にしかないようです。十五夜の満月を鑑賞する風習は日本の周辺の国にあるが、満月にならない月を鑑賞するのは日本だけだと本で読んだことがあります。また秋の収穫を祝う意味合いもあるとのことです。日本では十五夜の月見をした後十三夜の月見をしていました。これは十五夜だけの月見は片月見になり縁起が悪いとされていました。

 十五夜や十三夜には団子を供えますが、その他に十五夜はサトイモを供えることが多いため「芋名月」と呼ばれていて、十三夜は栗とか豆を備えるため「栗名月」とか「豆名月」と呼ばれています。なお中国では十五夜に月餅を供える風習があります。

昔からある風習ですが、この時期は月が綺麗に見えます。月を鑑賞して日頃の煩わしさを忘れたいものです。