幸せな1日

今日はとっても嬉しいことがありました。でも素直に喜んでいいのかはちょっと複雑なところでもあるのですが。中学の頃に両親が離婚したのですが、私が20歳の頃からまただんだんと両親が仲良くなっていきました。そしてつい最近父方の祖母がなくなって、実家には父と兄だけになり、母が実家にまた戻ってこようかなって言っているのを聞きました。父も兄もとても嬉しいようで、籍を入れたり再婚はしないようですが、一緒に暮らすことになるみたいです。私は現在実家には住んでいませんが、実家に戻れば両親が待っているなんて夢のようです。

離婚してからこんな日がくるなんて想像もしなかったことですし、中学の頃に離婚して、あまり両親と過ごした記憶がないので、私も実家にまた住みたいと思い始めたくらいです。母は姑問題や父の姉達と仲が悪く、それが原因で離婚したようなものなので、祖母がなくなったのはとても悲しいですが、また両親が再び仲良く住んでくれることになってとても幸せな気持ちになりました。今は家族で一緒に実家でご飯食べるのを楽しみにしています。どちらかというと、今は周りでも「離婚」の話はよく聞きますが、両親をみていると二人の子どもでよかったって思います。私も数年以内には結婚したいと思っていますが、両親みたいに結婚生活の途中で何かあっても、最終的に仲がいい夫婦になりたいです。

キャンプ場で誕生日party!

この5月、ついに30歳の誕生日を迎えました。「30歳からが勝負だよ」と周りに言われ続けていたこともあってか、誕生日を迎える24時当日は何故か柄にもなくドキドキ。しかも、今年は一風変わった特別なバースデーだったんです。というのも、誕生日の1ヶ月前、「30歳を星の下で迎えて見ませんか?」という突然のラインが。

無論、彼が大のキャンプ好きであることは私が1番知っています。なるほど、キャンプに行きたいのね、という一言を隠し、お互いの友人も誘って4人でお出かけすることに。行き先は、陸から5分ほど連絡船をはしらせた小さな離島。車の乗り入れが禁止されているこの島にはもちろん信号もなく、なんだか昔の日本にタイムスリップしたような何とも和やかな気持ちになるスポット。

私たちのお気に入りの場所でもありました。昼過ぎに到着し、BBQを楽しんだり男性陣は釣りを楽しんだりとしこたまのんびり過ごし、遂に迎えた24時。友人が気を使って準備してきてくれていたシャンパンを開けて、焚き火を囲んでお祝いしてくれました。

華やかなレストランでオシャレするより、大勢に囲まれて騒ぐより、波の音が聞こえる海辺で気の置けない人達とゆっくり過ごす誕生日。想像以上に幸せな気持ちになれて、彼や友人に感謝。幸先の良い30代を迎えることができました。

落雷後の晴天にちょっと驚いています

天候って急激に変化をすることがあるものです。

激しい落雷があってかなりビックリしたのですが、その後すぐに晴れてきました。

物凄く天気が良くなったので、こんなに急激に変わるものなのかな、と思ってしまったくらいです。

落雷の影響で電車が止まってしまうこともあります。

電気系統に異常が出てしまったのであれば仕方がありません。

安全に走行させるためには電車をストップさせるのは仕方がないと思います。

でも電車がストップしてしまったことに逆ギレをする人がいるのも事実です。

仕方がないこと、安全を守るためだから運休させなければいけないことなのに、自分のことしか考えていないから、逆ギレをするのかな、と思ってしまいます。

その人1人の問題ではないのに、自分が困っているから、ただそれだけのために電車を動かせ、と駅員さんに怒鳴っている人を見たことがあります。

駅員さんも気の毒、としか言いようがありません。

落雷って確かに怖いです。

自然現象なのでどうしても避けることができないということもあります。

避雷針があっても完全に避けることはできないと思うので、ある程度被害が出てしまうのは仕方がないことだと思います。

そのことをしっかり理解してほしいです。

いい大人がメンバーが謝罪している姿を見てどう思うのか

TOKIOの山口君は真面目そうで男気あって器用で頼りがいのある男性に見えた。しかし、裏切られた思いだ。酒に飲まれ自分を律することが出来ない人間は信用出来ない。メンバーが謝罪する姿を見て、それでも席があるならTOKIOに戻ってきたいと言えるのだろうか。あまりにも甘すぎる。いい大人が発する言葉とは到底思えない。まずきっちりと断酒して、もう人生にお酒は必要ないと宣言・実行できた時点での芸能界復帰ならば、まああってもいいかとは思うが。タレントという立ち位置に甘んじているとしか思えない。

それで世間もファンも許してくれて、元のように活動出来るだろうと考えているのだろう。この人は、離婚したとはいえ2児の父であったのだろうか。酒乱である父の姿を子供に見せないで済むようにした母の選択は賢明といえる。酒に飲まれた大人の姿ほど醜く、おぞましいものはない。客観的に自分の姿をみることが出来なかったのと周囲が見逃した結果であろう。アルコール依存症と同じなのだから、強制的に完治するまで治療を受けさせるべきだったのだ。もう芸能界には戻って欲しくないが本音である。裏の顔を隠しながら、上辺だけの言葉を並べてももう遅いのではないか。

雨上がりのお散歩日和ですが

今日は久しぶりに涼しいですね。おとといまで暑い日が続き、外遊びもジリジリ照り付ける太陽の下で、正直言って公園にいるのが辛い気候でした。しかし、今日は曇りでとても涼しく、お散歩日和です。

久しぶりに息子とたくさんお散歩したかったのですが、息子は歩くのが嫌だったようで、「自転車に乗せて~」と主張。しかたなくチャイルドシートに乗せ、すこし遠い児童館に行ったにもかかわらず、児童館では遊びたくない~と泣き叫びました。

仕方がないので公園で遊ばせていましたが、やらかしました。雨上がりと言えば、水たまり。水たまりと言えば、入るに決まってます。まずは靴でゆっくり入る。そして走って飛び込む!!その次は座り込む!!予想はしていたのでいいのですが、苦笑いです。さすがに泥水を飲もうとしたのは止めました。

びちゃびちゃに濡れた服だと風邪ひきそうな気温なので、早々に帰宅しました。「いやだー、帰りたくない―」と泣く我が子ですが「お母さん、君が風邪ひいたらいやだー」と無理やり説得し、力ずくで自転車に乗せ帰宅しました。本当はシャワーを浴びてほしかったのですが、泣き叫ぶので断念。そんな息子は泥遊びで疲れたのかたくさんお昼寝しました。

楽しんでよかったね、息子よ、お母さんはこれから洗濯頑張ります。

今日も今日とて仕事ですが、励ましの言葉をもらって頑張っています

今日も今日とて仕事をしているわけですが、失恋してしまったこともありなんか辛いな〜と思っていたところ。

そんな中で、何かをしないと押しつぶされるなぁと思ってやっていたのがツイッターの閲覧とかいいねを押したりすること。う〜ん、ちょっと病んでる?とか思ったのですが、思い切って失恋したことを告白してみると予想以上に返信がもらえたりしてびっくりしてしまいました。

SNSって関係が薄いのかな〜とか思っていたので、とてもいい人が多くて、びっくりしているぐらいです。普段何気なく触れているものなのにね〜っていう。しかも励ましの言葉だけでなく、具体的なアドバイスまで教えてくれて、なんだかとっても嬉しくなってしまいました。

そういった人もいるんだ!と思って日々を幸せに生きていければいいなって思います。大人になると人を変えるのは難しいから、自分を変えるしかないっていうけどSNSの環境とかもすごく大事だな〜って思う昨今です。

ありがたいことに、自分の周りはそういう意味でも変な人が少なくて居心地良いSNS環境だなって思って改めてありがたいなって思いました。これからも時々はSNSを頼りに仕事もプライベートも頑張りたいなと思った春なのでした。

子供の記憶力の良さが羨ましい!

2歳を過ぎた息子は、大のアンパンマン好き。

先日も、横浜アンパンマンミュージアムに連れて行くと、入り口から大興奮!

いつもしている昼寝も忘れて、一日中楽しんでいました。

そんな息子を見て、嬉しくなった旦那と私は、何か記念に買ってあげようと考え、カードをめくって出たキャラクターを、大きな絵の中から探すという、キャラクター探しゲームを購入。

しかーし、家に帰ってからが、大変!

数十枚あるキャラクターのカードは、メジャーなキャラクターだけではなく、初めて目にするものも…

覚えるのに苦戦している私や、主人とは反対に、息子の覚えるスピードが早くて、早くて…

◯◯は?と息子に聞かれても、私は、その◯◯マンがわからずに、探す事がなかなか出来ません。

そうすると、イヤイヤ期まっただ中の息子は、伝わらない事で、焦れてしまい、大泣き…

私たちが買ってあげたゲームで、こんな惨事が起こるなんて、想像もしていませんでした。

最近は、息子な昼寝中に、キャラクターカードを見て、覚える努力をしています。

子供の記憶力の良さには本当に驚かされました。

記憶力がどんどん下降していく私に対して、どんどん覚えていく息子を羨ましいと思いながら見守っている、今日この頃です。

いつか、記憶力系のゲームは負けてしまうんだろうなぁ。

そんな日が来ることが嬉しくも、悲しいです。

ストレス解消に運動

私は、ストレス解消に運動を毎日続けています。

運動の内容は、近くの公園までのウォーキングと、階段ステップ、腹筋です。

家にこもりがちなので、運動してできるだけ身体を動かして、ストレス解消して、精神的な健康を保つことが目的です。

運動量はというと、日によってまちまちです。

雨の日はウォーキングできませんし、ちょっと疲れているなと思ったときは運動量を減らすからです。

話を具体的な運動量に戻します。

まずはウォーキングは、最低でも一日3.5km以上、多いときは一日9.5kmのときもありました。

一日にウォーキングした距離の計測は、スマートフォンのアプリを使って記録しています。

それから、階段ステップ。

これはどういうものかというと、階段を一段上がっては降りての繰り返しで、上がって降りてを一回として、一日最低でも50回、基本的には一日150回以上はします。

そして、この階段ステップ、一つ注意が必要です。

どういう注意かというと、階段を降りたり上がったりするとき、負荷がかかるのは上がるときに最初にあげる足だけだということです。

なので私は、右足を最初に上げるのを一セットしたら、次は左足を最初に上げるのを一セットして、交互に行っています。

次に腹筋です。

これは、一セット50回として、一日最低でも50回、多いときは150回します。

これには腹筋の補助器具を使っていて、かなり便利です。

以上のようにウォーキングや筋力トレーニングを続けることで、家にこもりがちな私でも、運動することでストレスを解消して、私は精神的健康を保てています。