最近の生活 家族との距離

一人で過ごすことが好きだ。最近まで家で時間をすごすことは窮屈で退屈だと思っていたけれど、家族みんながそれぞれの仕事をして、それぞれ自分の時間を過ごすようになってから、退屈だと思うことが減ってきた。なんだかさみしいことのような気もするけれど、家族といってもそれぞれ仕事も趣味も好みも違う人間の集まりなので、皆が好きな事を好きなペースでやれることが大切なのだろう。寒くなってきたので、それぞれの部屋にこたつやストーブを出したら、もっとみんな部屋にこもって、自分のしたいことをするに違いない。

なんだか、昔こんな雰囲気の生活を送っていたような…と感じた。何に似ているのかと考えていて思いついた。この雰囲気は学校の寮である。誰かが夕ご飯を作って「よければ食べて」といえば食べに行き、面白いマンガがあれば貸し借りし、一緒にテレビをみたり話したりすることはあるけれど、基本的にはみんなそれぞれの勉強をして、バイトをし、部活に出る。生活が違うから、悩んでいることや楽しいことはみんなそれぞれ違って、共有することもあるけど、理解できないことの方が多い。家族のことはなんでもわかっておくべきだと思う人もいるかもしれないけれど、全員成人した大人だけの家族だし、これくらいの距離感が楽だなぁと思ったりする。

プロフェッショナル~仕事の流儀~

ニュースだけではなく、多くのドキュメンタリー番組を制作しているNHKの中でも、「プロフェッショナル~仕事の流儀~」は、私が好んで見ている番組です。 毎回、1つのプロの仕事に焦点を絞り、その方法や考え方を探っていくこの番組に感心するとともに、仕事に対する自分の向き合い方も見つめ直すことができます。 賑やかさや腹を抱えて笑うような面白さがあるバラエティー番組とは異なりますが、じっくり見るには最適な番組です。 これまで見てきた中に印象的な2人の人物がいました。

それぞれの食材に適した揚げ時間、揚げ方、衣のつけ方を研究し尽くしている天ぷら職人の一切手を抜かない、妥協しない仕事に対するストイックさに驚きました。 その職人が揚げた天ぷらは、衣の「サクっ」とした食感と、中のふんわり感が絶妙だそうです。

豊富な知識と、腕もよい動物病院の院長の感情を排除し、速やかに数多くの動物を診る治療スタイルは、飼い主から「心がない」と言われ、絶望し大きな挫折を経験しました。 しかし、生まれ変わった院長は、「動物と真剣に向き合い、飼い主の心に寄り添う」という信念を持ち、力を尽くすようになりました。

普段見ることができない仕事の裏側から、仕事人の人生まで知ることができるこの番組は、誇りを持ち、真剣に取り組み、努力した分だけ結果が出ることを教えてくれます。

今日もうちの猫がかわいい

14年一緒に暮らしてきた先代の飼い猫が2月に亡くなって4ヶ月後、我が家に新しい家族が!

私の猫ロスに陥っていた私に再び癒しを与えてくれることになった2代目のお猫ちゃん。

とても甘えん坊で寂しがりやな性格なのもあってかお家に来た日から私にべったり…か、かわいい…お腹が空いた時は必ず私の顔を見て猫撫で声でおねだり…か、かわいい…!

私が寝る時も布団の中へ飛び込むように隣へきてゴロゴロと気持ち良さそうに寝始める姿はまるで天使のよう…。

先代猫の面影な少しあるせいもあって愛おしいさが溢れてたまらない…猫ってこんなにもかわいいんだって再確認。

ただ大人しかった先代猫とは打って変わってとても元気ハツラツな2代目猫の運動会に付き合わされる飼い主は日々てんやわんや…笑

でもそんな元気な姿を見ていると悲しい気持ちや寂しい気持ち、落ち込んでいた気持ちもバカらしくなって元気になれる。

先代猫は私が落ち込んでると寄り添うように隣に来て励ましてくれてたけど、こうやって元気いっぱいな姿を見せてくれる2代目猫のエールもこれはこれでとてもありがたい。

かわいいは正義!の言葉は猫のためにあると言っても過言じゃない!

これからも元気いっぱいな姿を見せてね。

レースカーテン丸洗い日和

朝起きた時からとーってもす清々しい天気で朝焼けを見てん~っと背伸び!いつものように子供たちを起こして朝ご飯の用意から始まったら、がっつり気合い入っちゃいました。

子供たちを送り届けて帰宅後は、ずっと気になっていたレースカーテンをお洗濯。購入時にしっかりお店のスタッフさんにカーテンのメンテナンスの仕方聞いといてよかったーと思わずにはいられない。とりあえずは少し漬け置きしてから優しくもみもみ、洗濯機可ということなので洗濯機にポーイ!待ってる間はしばしの休憩を、と思ったのですがカーテンレールの埃がすーんごいことに。

しっかり念入りに拭いて静電気埃つき予防にリンスを希釈して作ったお水で拭きあげました。そうこうしている間に終わった洗濯機、レールにひっかけてカーテンは自然乾燥です。家を建てて一年、カーテンもその時に購入したものなので一年です。

そうそうメンテナンスはしなくて良いといわれるがまま、今回の洗濯で2回目だと気付き自分のズボラさに驚きました。

かけてるカーテンがふわふわなびくのがとーっても好きで決めたこの土地(風の当たる位置とか日の当たる位置とか広さとかね)、大正解だな~なぁんて掃除しながら一人で思ってます。毎日のバタバタもこれがあるから頑張れてる気がします。お掃除たくさんできた一日。

小さい我が娘が入院した

うちには、一歳の娘と3才の息子がいます。金曜日に予防接種を受けに行ってきました。すると次の日から娘が熱を出してしまいました。予防接種の副作用だろうと思い家で様子を見ることにしましたが月曜日になっても熱は下がらず旦那に小児科連れてって貰いました。

咳もしていたので娘と息子は風邪だと言われて薬もらって帰って来ました。薬飲んでも次の日も熱下がらず紹介状を貰い大きい病院に行くことになりました。

胸のエコー写真を撮り、白い影が写っていると言われ、すぐに入院する事になりました。3才の息子は免疫力があるため娘ほど体調悪くなくて助かった。しかしいきなり入院になり、単身赴任中の旦那に連絡して帰って来てもらうようにお願いしたりでとても大変でした。

次の日に医者から説明されたのが、喘息性気管支炎だと言う病気になっていると言うことでした。酸素も低くて鼻に酸素を入れたり点滴をしたりと思い出すだけで涙が溢れてきます涙危険な状態なのに2日目に退院していいですって言われ不安つましたが帰りましたが、家に着いてから悪化してしまいまた病院に行ったら再入院に。

医者が言うには退院は早かったみたい。なら退院とか言うなよ。娘は高熱で再び危険な状況に。そして昨日やっと元気になり退院してきました。当分入院は控えて欲しいです笑

下の子、人生初の入院

上の子が引いた風邪が生まれて間もない下の子に移ってしまい、しかもそれがただの風邪ではなくウイルス性のもので。

生後11日目にして入院することになってしまいました。

今はもう既に退院したので大丈夫ですが、入院が決まった時や入院中は全く生きた心地がしませんでした。

そもそも風邪が移ってから、母乳を全く飲まなくなりました。哺乳瓶に搾乳して無理矢理口の中に押し込んでやっと少し飲んでくれるくらい。脱水も心配。体重の増えも心配。寝続けていて全く起きない滅多に泣かないのも心配。どうしようと思っている時に2週間健診があり、ついでに相談したら強制的に小児科受診。その時にレントゲンや検査をして、RSウイルスに感染していることがわかりました。

これは呼吸器系のウイルスで、感染すると咳や鼻水、鼻詰まりで酷いと肺炎を起こし、無呼吸の発作が起きることもあるらしい怖いウイルスです。生後6ヶ月未満の子どもが感染するとほぼ100%入院になるらしく、もれなく下の子もそのまま入院になりました。

酸素のチューブや点滴、胃にチューブを入れたりと管だらけで何日も過ごし、採血やレントゲンを何度もして見ていられませんでした。

日に日に泣くようになったり起きてる時間が長くなったり、管が徐々に取れたり。回復していくのが嬉しくて嬉しくて。退院が決まった時は半泣きでした。

今は落ち着いて毎日を過ごしています。上の子が保育園に通っているため病気はつきものですが、しばらくは今まで以上に気を付けて見ていきたいと思います。

久し振りに大学の友人に会った話

昨日は大学の友達と2年ぶりに再会した。しかも、私の家にお泊まりという結構緊張感の高いシチュエーション。何を話せばいいんだろうか。

大学時代はお弁当を一緒に食べていた仲ではあったが、お互い共通の趣味もないから可もなく不可もなくという関係性だった。

だから、卒業してもさして連絡を取った記憶もないし、年に1回ご飯を食べるか食べないかという間柄だったと思う。

彼女は半年前に結婚。すでに人妻になっていた。

私が作ったご飯を食べ、結婚式の予定話を聞いて、新婚生活の話やお互いの近況に関して話した。

大学の時に思っていた印象としては、小さい子供という印象を持っていたが、久し振りに会った彼女は大人の女性になっていた。

何が彼女を変えたのかはわからないけれども、ふとした瞬間などが以前感じた印象と全く違っていた。すごく綺麗だった。

これが恋愛をすることに対する効果なんだろうか。以前は完全にインドア派の彼女が沖縄にダイビングのライセンスを取りに行くようなアグレッシブな女性になっているんだもの。来月も沖縄に行くそうで、そんな話をする彼女の顔はとってもキラキラしていた。

恋愛って本当に人を変えてしまうんだろうなとしみじみ、久し振りの再会で思った。

ランチを外で食べてきました

普段は節約のためにあまりやらないのですけど、久しぶりにランチを外で食べてきました。一凛珈琲というパティスリー併設のカフェでそんなに高くなくってとてもふんわりとした気持ちになれてよかったです。

そんなに混んでいなかったのでソファー席をゲットできました。喫煙席と禁煙席に分かれているので、しかも平日のお昼ということで喫煙する人もいなくてすごく気楽でよかったです。でも、ネット上でみたメニューで食べたかったものはすでにやっておらず、オムライスが有名なようなのですが、オムライスはちょっとな?とかパスタもトマト系しかなかったので、ピタサンドにしてみました。スイートチリソースということで結構期待しちゃいました。

それで、わりと嬉しいのが珈琲も本日の珈琲がつけられたりとコスパがすごくよかったこと。1000円にしては満足できる内容になっていたのでかなり気に入りました。最後にはスイーツもついていて、コーヒーゼリーとバウムクーヘンとを選べたのもよかったです。今回はバウムクーヘンにしてみました。チョコレート味は意外でしたがかなり美味しかったので気に入りました。今後も上手に活用したいなぁって思いました。ゆっくりできるのでランチはかなりいいかもって思いました。