幼稚園に先日移動動物園が来ました

幼稚園のバザーが終ってから1週間、子ども達待望の移動動物園がやってきました。
年長さんは馬に乗れるというので、早くから子どもは大はしゃぎ。
当日は動物さんのお野菜を持って行くのですが、昨今の野菜高騰により、母には吊り上げる野菜がない。
先日芋ほり遠足でとってきたちっちゃなサツマイモやキャベツの芯、煮干しで何とかごまかして、いざ幼稚園へ。
自転車で一杯の園庭が動物さんに取られて、自転車を据え置くのにも一苦労。
子どもは直ちに柵の近くまで見に行っています。
仔馬に子牛、エミュー?ダチョウ?なんかもいますね。
子ども達がお野菜を授けるはずなのに、馬が草を食べています。今から食べていたら野菜を食べてくれないじゃないか。
ちょっと意外に思いながらも子供は大興奮だ。
先生方も野菜の分別箱を前にして、子ども達の野菜を分別しています。
食パンも食べるのですね。どの動物が食べるのだろう?
昔は未就園児も見学させてもらえたそうですが、最近は幼稚園児のみ見たり触ったり行えるそうです。
可愛い子どもたちも嬉しそうに見ているので、ちょっとくらい触らせてくれてもいいのにな、と思いますが、なんらかの都合でしょうか。
聞くところによると、金額によって加わる動物がかわってくるとか。
バザーでせっせと売り上げたお金が子ども達のために使われているのなら、お母さんが頑張ったかいがあるよ。
と子どもを見送りました。

株とFX

今までお買い物商品券友の会と語っていた私なのですが、株の方がよいですね。

利率は確実に入ってくるのですから、失敗銘柄ではなく、どんどんと株の配当金目当てに長期的においておいてもよいように思えます。

株価が上がって当然売却するのですよね。

としたら、低迷している企業を除いて、株をしておいてもよいと思います。

後は、FXに関しては、50倍までのレバレッジというものを知ったのですが、これってすごいなあと思いますけど、結局。

考えてみると、いきなり金に入るものでもないのですね。一銭動いただけで、それの金額に見合う分、入ってくるということで、レバレッジ自体、何とも言いようがありません。

レバレッジよりも、今資産を増やすという意味では、とっさには思いつかないのですが、貯蓄というのもよい方法でしょう。

なので海外の銀行に預ける人が増えてきたのですかね。

利率凄いですね。5%くらいですか。

FXや株で、絶対安全といえるものがないのなら、貯金もよいでしょうが、多分、すごい失敗思考の人って、博打的発想ではないでしょうか。

毎回、株を見ていて、数値とにらめっこしているうち、わかってくるものもあるのではないでしょうか。

株の優待と配当金は大きいです。

我が子のチック

7歳の息子が、2週間ほど前からどうも目を何度もパチパチさせているのが気になっていました。
怒りっぽい母親の私のせいなのか精神的に不安になりやすい我が子なので、それを見るにつけ責められるような気持ちになっていました。
しかし、あれこれと調べているうちに母親のせいだとかいうよりも元からの特性や遺伝もあると分かり、何となく安心しました。
自分のせいなのだと思ってしまうと、いつまでも気になるので言いたくなるんですよね。でも、別に関係ないなら問題にならない限りはあまり気にしないで放っておこうと思ったのです。

だって、目をパチパチしてても別に人に迷惑かける訳でもないし、視力に問題がある訳でもないから大丈夫ですからね。
そんなこんなで、一時期は効くという漢方薬を買って飲ませるほど悩んでいた私も、すっかり忘れていました。
たまに、学校の休みの日には、一日中一緒だから、またやってるなと思う程度でした。しかし、なんと今日久々に見ていたら全く目をパチパチさせなくなっていたのです。
まあ、これで治ったというのは気が早いのかもしれません。

でも、今後はそうした症状が出たら、子供は今、少し気持ちが不安定なのかな?と思うくらいにして、優しくするきっかけにする程度で良さそうかなと思います。
気にしてると、子供にも伝わって余計に緊張させちゃいますものね。

相撲暴行事件で被害者の貴ノ岩関の今後が心配です

相撲の横綱日馬富士関が貴ノ岩関に暴行をした報道ですが、連日マスコミが報道していますね。貴乃花親方が相撲協会からの事情聴取の要請に「お断りします」と返答したことについて貴乃花親方が批判されています。また、昨日の一部の報道でモンゴルでは、「貴ノ岩関が悪者だというように報道するようにと圧力がかけられている」との信じられないような話がありました。日馬富士関はモンゴルでは救急車を寄贈してくれたりとモンゴルのためにいろいろ貢献されているからということです。貴ノ岩関は何もモンゴルのためにしてくれていないからということなのだそうです。

真偽のほどは確かではありませんが、そんな風に言われていて、いずれ引退してモンゴルに帰るこになったとしたら、モンゴルでこの人は大丈夫なのだろうかと思ってしまいます。貢献度が違うのは当たり前ですよね。相手は横綱なのですから。やはり、どんな世界でもありますが、強い者は守られるのでしょうか。貴ノ岩関の今後が心配です。貴乃花親方は不器用で問題もあるかもしれませんが、そこに批判を向けるのはいかがかなと思います。学校社会でもいじめられた人間は悪くないのに、学校で居心地の悪い思いをするのは弱者のいじめられた側の生徒だったりすることもあります。いじめた人間は仲間も多く、いじめた側の生徒に注意はすれど、それでおしまい。

いじめられた側はいじめられたということがみんなに知られて苦しい思いをし孤立してしまう方もいたりします。いじめられた生徒の親が学校側に戦おうとすると、あの親御さんがおかしいなんて言っている声も聞こえます。今回の件で貴ノ岩関がまた活躍できるようになればいいなと思っています。

麦ごはんの美味しい食べ方を知りたい

最近、麦の栄養が見直されているようです。

食パンも全粒粉が増えてきましたし、麦のクッキーなども人気があります。

私も健康効果を期待して、麦を3割ぐらい入れた麦ごはんを食べるようになりました。

小さい頃は母親が麦ごはんを炊いてくれましたが、それは麦が半分以上も入っていたので、子供には食べにくく全然美味しいと思えませんでした。

今も麦ごはんがあまり好きではないのですが、3割ぐらいなら何とか我慢して食べられます。

麦は食物繊維が豊富で生活習慣病を予防する効果があるそうなのでもっと頻繁に食べたいのですが、もう少し美味しく食べたいと思っています。

麦ごはんと言えば、日本ではとろろをかけて食べるのが一般的です。

とろろ自体が苦手なので食べた事がなかったのですが、以前一度だけ食べてみたら、とろろのドロドロ感が好きになれなかったのでそれ以来食べていません。

麦ごはんが食べにくいのは、白米100%と違って食感がパサパサしているところだと思います。

なので、何か喉通りの良い物をかかけると食べやすくなるようです。

私が試しているのはカレーライスや中華丼にして食べるやり方です。

他には、チャーハンやオムライスにするぐらいしか思い浮かばないので、もっと美味しく食べる方法を知りたいと思っています。

今ハマっているドラマ

ドラマ「明日の約束」を毎週見ています。井上真央さんが久々に主演をするということで、注目をしていました。
生徒の自殺という重いテーマの中、主役の井上真央さんがスクールカウンセラーとして生徒に優しく声を掛けたりケアしているところは本当に素敵で、あんな人に話を聞いてもらいたいなと思います。
現在の短いヘアスタイルが似合っていて、以前よりも落ち着いて大人っぽい雰囲気になったなと思い、好感を持っています。

そして、井上真央さんの手塚理美さん演じる母親の恐ろしいこと。怖い表情で辛い言葉を投げかけるのに恐怖を覚えます。あんな母親がいるのかと暗い気持ちになったりもしましたが、井上真央さんは辛い心情や複雑な気持ちなど丁寧に演じられているなと思い感心しています。
井上さんと対峙する生徒の母親役の仲間由紀恵さんが美しすぎる毒親なので、さらに怖さと迫力が増し、毎回どのように学校や教師を攻撃してくるのかとドキドキさせられる展開になっています。
演技派女優の対決も見物ですし、生徒を自殺に追いやった犯人を探すというミステリー要素もあるので、結末がどうなるのか予想がつかず、目が離せず毎週楽しみにしています。
及川光博さん演じる教師も冷静すぎて少し怪しい気もするので、要注意して見ています。

お料理に熱中?レイチェルさんに感化されてます

今日はいい天気でしたね。

でも私は今日もお家でお料理研究に没頭してました笑

実は私、料理がすごく苦手で嫌いだったんですが、Eテレで月曜日にやっている「レイチェルのパリの小さなキッチン」を見始めるようになってから料理を研究するようになりました。この番組はイギリスBBCが制作した番組で、イギリス人の料理家レイチェルさんがフランス風の家庭料理を紹介していくというもの。パリの古いアパートの小さなキッチンで毎回美味しそうな料理を披露してくれるんです。そしてなんといってもそのレシピがとっても簡単なんです。材料も日本のスーパーでも揃いそうなものが多く、料理嫌いの私でも思わず「これ作れそう!」なんて思ってしまうほど。美味しいご飯を食べるっていいな?と見てて思わせてくれる素敵な番組です。

それで、今日は子羊の煮込みに挑戦していました。なんてったって今日は大好きな旦那さんのお誕生日なんです。

ちょっといつもとは違う料理に挑戦してみようと思って、子羊なんか選んでしまいました。笑

なんとかうまくいったので、あとは旦那さんの帰宅を待つだけ!今日の我が家はちょっとしたフランス料理屋さんです

あと、欠かせないのがフランス産の赤ワインですよ。でも好みに合わせて白でもいけそうな味でした。

早く帰ってこないかな?!

昨日は十三夜であった

昨日は十三夜でした。午後から雲が多くなりこのままだと月が見えないのかと思って西の空を見ると雲が切れていて月明りが差し込んでいました。日が暮れても雲はまだ浮いていましたが、時間が経つにつれ雲はなくなり月が見えてきました。昔から十五夜は曇りの日が多いが十三夜は曇り無しと、言われています。昨夜も晴れでした。

今年は十五夜が遅かった分十三夜も遅くなりました。十三夜は早い時期でも10月初旬になることが多く、十五夜に比べて気温が低くなっています。

十三夜のように欠けた月を鑑賞する風習は日本にしかないようです。十五夜の満月を鑑賞する風習は日本の周辺の国にあるが、満月にならない月を鑑賞するのは日本だけだと本で読んだことがあります。また秋の収穫を祝う意味合いもあるとのことです。日本では十五夜の月見をした後十三夜の月見をしていました。これは十五夜だけの月見は片月見になり縁起が悪いとされていました。

 十五夜や十三夜には団子を供えますが、その他に十五夜はサトイモを供えることが多いため「芋名月」と呼ばれていて、十三夜は栗とか豆を備えるため「栗名月」とか「豆名月」と呼ばれています。なお中国では十五夜に月餅を供える風習があります。

昔からある風習ですが、この時期は月が綺麗に見えます。月を鑑賞して日頃の煩わしさを忘れたいものです。